何もない日の弁当。

前日のおかずが生ものだったり、まったく残らなかったりすると大変になるのが次の日のお弁当作りです。
自分が作る冷凍おかずもちょうど尽きちゃってる。
だいたい野菜が高いから、作り置きする物を悩んじゃうのよね・・・。

そうだ、今日はこの間のピラフを冷凍しているのを解凍して入れてみよう。
ひき肉そぼろとチーズとケチャップで作った洋風のピラフを冷凍庫から取り出し、毎朝大活躍のレンジにイン。

解凍している間にレタスを弁当箱に敷きこみます。
その上にピラフを広げて。
彩がイマイチなので、さらにその上に冷凍保存していた野菜のうち、にんじんとスナックえんどうを炒めて乗せます。
マヨネーズを絞ればここは完成。
う~ん、見た目がきれいになりました♪

でも、これだけだとあんまりな弁当なので、もちろんおかずをプラスします。
常備してあるスライスチーズとハムをくるくる巻いて、しばらくラップをしてなじませたものをカットして入れます。
これ、簡単で色もかわいくていいんですよ。
そして横にはゆでたブロッコリー。
最後はちょいと手抜きで、冷凍惣菜であるなすのはさみ揚げをプラス。

お弁当用の冷凍食品よりも、袋にごろごろっと入っているタイプが割安で使いやすいんですよ。
この手はよく生協や業務スーパーで購入します。
弁当を食べるのは旦那さんなので、半分は彼の好きなものを選ぶようにはしていますが、あとの半分は彩りで選ばせてもらってます。
彼が選ぶと野菜はまず手に取りませんから(笑)

たまーにうちの親が野菜を届けてくれます。
100kmぐらい離れた場所に住んでいます。最近はアルファードハイブリッドを購入したので、ドライブに行くのが楽しくて仕方ない様子です。
家庭菜園でとれた野菜を持ってきてくれます。

軟骨の唐揚げや鶏のから揚げ、冷凍温野菜は常に冷凍庫にあるようにしています。
あと、困った時のウインナー。
後は卵があれば何とかお弁当は仕上げられるのです。

今日はちと炭水化物に傾いたお弁当になりましたが、たまにはいいでしょう。
今日は材料を買いに行って、冷凍おかずを作り置きしなくちゃです。


Comments are closed.